レーザー脱毛の仕組みとメリット

安心して受けられる脱毛とは

医療レーザー脱毛はメラニン色素のみに反応するレーザーを肌に照射するという方法であり、メラニン色素によって吸収された光が熱に変化し、毛根を破壊していくという仕組みです。このレーザーは皮膚には影響を与えることがないですし、痛みも少ないので人気が高くなっています。

しかし、これは医療行為なので皮膚科やクリニックなどの医療機関でしか受けることができません。毛には毛周期というものがあり、レーザーの効果が得られるのは成長期の毛だけとなっています。それは退行期の毛はメラニン色素が少なく、休止期の毛にはメラニン色素がないためであり、毛周期に合わせてレーザーを照射していくことがポイントです。

レーザー脱毛した女性
 

医療機関なので安心です

医療機関で受けられるレーザー脱毛は、エステサロンにおけるフラッシュ脱毛よりも出力が高いという特徴が挙げられます。また、毛根を破壊することができるため、一度施術を受ければその部分の毛根が再生することはありません。

全く生えてこなくなることもありますし、生えてきたとしてもうぶ毛程度なのでほとんど気にならないでしょう。また、施術時間が短いのも人気の理由であり、体へのダメージを少なくすることができます。また、資格を持ったドクターなどが脱毛を行うため、安全性が高いというメリットもありますし、火傷などのトラブルにもスムーズに対応してもらえます。

 

医療レーザー脱毛の適した部位は?

体毛の濃い部位に特に効果があります

脱毛方法にはエステのフラッシュ脱毛、そしてクリニックで行う医療レーザー脱毛の2種類があります。このうち医療レーザー脱毛は、レーザーで処理をするため、再び生えてくる確率が低いと評判です。

レーザーで処理する脱毛は、特にわき下やVIOゾーンの体毛処理が優れた効果を発揮します。また、全体的に毛深い人にもこの方法はお勧めです。それはなぜでしょうか。

レーザーは元々濃い色に反応して、シミやほくろを取るのに使われて来ました。それを応用したものであるため、濃い色の体毛を処理する時には、とりわけ効果が高いといえるのです

クリニックで脱毛する時に気を付けておきたい事

その反面、二の腕などの体毛の薄い部位の場合は、人によってはそれほどの効果を感じないということもあります。

体毛の濃い部位はクリニック、そうでない部位はエステと使い分けるのもお勧めです。また医療レーザー脱毛の場合は、効果が高い分、脱毛中に痛みを感じることがあります。

輪ゴムで弾いたような痛みですが、あまり強く痛む時は、スタッフに言ってレーザー出力を弱めてもらうか、あるいは止めてもらうようにしましょう。もし肌にダメージが出ても、クリニックでの脱毛ですので、すぐに塗り薬や飲み薬を処方してもらえます。

(参考)
エタラビの全身脱毛


 

美容外来での脱毛の安全性は?

医療レーザー脱毛は安全性が高い

ここ数年で、エステサロンでの脱毛ケアが、軒並み低価格に引き下げられているので、何かと問題の多い自己処理から切り替え始めている女性が増えています。しかしこのブームに伴い、施術による肌トラブルなどのクレームも増えており、やけどのような深刻な被害を被ってしまったという声も聞かれています。

エステサロンで使用されている機器は、それほど高い出力は出ないようにはなっていますが、施術者が未熟であったり、施術を受ける女性の体調によっては、思わぬアクシデントが生じてしまうこともあります。

一方、美容クリニックでの医療レーザー脱毛は、医師が行うので、そういったリスクを最小に抑えることができます。

肌が弱い女性は医療脱毛を受けよう

医師が行う医療脱毛は、まずは肌診察を行い、体毛が生えて来る周期などもしっかりと見極めるので、最高のタイミングで、肌にダメージを与えないぎりぎりの出力でレーザー照射を行うことが可能となるため、少ない回数で、安全に高い効果を発揮することができます

毛母細胞を破壊させてしまうので、その毛根から毛は生えてこなくなります。施術も医師が行うので安全性は高いですが、それでも体調によってはトラブルを起こしてしまう場合もあります。そういった際には、敏速に肌状態を診察し、医薬品を使った処置が受けられるので、症状が深刻化してしまうことも避けられます。

 

脱毛で色素沈着はするのか?

脱毛による色素沈着の可能性

むだ毛の処理方法として、サロンやエステでフラッシュ脱毛をしたり、医療用のレーザーを使用して行うことがあります。前者の場合は、出力が低く肌への負担が少ないことが特徴で、後者は出力が高いため脱毛効果が高いといわれています。

通常サロンやエステで行われる施術であれば、出力が低いことから色素沈着や火傷のおそれは少ないとされています。また医療用レーザーも、認可を得た専門医が行うのでその可能性は少ないです。しかし、一部のサロンなどによっては規定以上の出力で施術を行うなど、肌トラブルが発生するケースもあるようです。

色素沈着が起こった場合

脱毛によって肌に異常が出てしまうことは少なからずあります。サロン等の出力ミスの場合も考えられますが、体質によっては黒ずみ等が出てしまうことがあるようです。もし肌に問題が出た場合には、様子を見るのではなく、なるべく早い段階で医療機関で受診することをおすすめします。

施術によって黒ずみのもとになるメラニンが生成された場合、ステロイド剤や軟膏を使ってその生成を抑制する必要があります。また施術を受ける前には事前の説明をよく聞き、問題が起こった場合どう対処されるのか確認しておきましょう。